このクリームの効果的な使い方

このクリームの効果的な使い方

鼻の下でまるでひげのように目立ってしまう産毛の悩みを解消する為のアイテムが、ノイズ(noise)です。産毛のケアといえば、こまめに剃ったり抜いたりする処理をイメージする人も多いでしょう。しかし、鼻の下にクリームを塗るだけで、手軽にケアを行うことができます。

 

そんなノイズ(noise)の効果的な使い方は、ムダ毛の処理をした後の鼻の下に、1日2回を目安にしっかりと塗り広げていくことです。高い効果を期待できると評判のノイズ(noise)は、気になる部分に塗るだけで、ムダ毛が目立たなくなるというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、ムダ毛そのものを取り除けるものではないので、塗る前に一度ムダ毛処理をしておくことがおすすめです。

 

ムダ毛処理をした後の肌に小豆粒程度のノイズ(noise)を塗れば、毛の成長を抑制する成分や、毛を細く弱い状態に変えていく成分が、毛穴の中の毛にゆっくりと浸透していきます。ムダ毛というのは、剃っても抜いても、一定時間が経過すれば、以前と同じように生えてくるものですが、ノイズ(noise)の効果が出れば、これまでよりも毛の成長が遅くなるだけでなく、産毛自体が目立たない状態へと変わっていきます。

 

そんなノイズ(noise)の成分を、しっかりと浸透させたいと考えた時に有効な方法が、お湯で手のひらを温めてから、ノイズ(noise)を使うという方法です。温かい手でノイズ(noise)を塗っていけば、浸透率が高くなり、ノイズ(noise)の抑毛効果を高めていくことができます。ほんの一手間で効果が大きく変わる使い方があるのであれば、実践しておいて損はありません。

 

そして、温かい手で30秒から40秒程、しっかりとノイズ(noise)を馴染ませれば、1回のケアが完了します。ただ、メイクをする前に鼻の下にクリームを塗り広げると、ベタついてメイクに影響が出てしまうのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかし、ノイズ(noise)は、ベタつきを感じないクリームの為、メイク前でも安心して使うことができます。

 

ノイズ(noise)でしっかりとひげ対策をする為には、より効果が出る使い方を実践するだけでなく、継続していくことも大切です。高い効果を期待できると人気のノイズ(noise)でも、塗ってすぐに目に見えて分かる程、産毛に変化が出るというものではありません。1日2回のケアを繰り返し、良い状態へと変えていくものです。

 

その為、ノイズ(noise)で気になるひげ対策をしたいのであれば、継続してケアを続けていくことが大切です。その為には、毎回通常価格よりもお得にノイズ(noise)を購入できる、特別トライアル定期コースを活用しておくことがおすすめです。

 

⇒noise(ノイズ)についてもっと知りたい方はこちらから