顔の産毛を針脱毛って今時あるの?

顔の産毛を針脱毛って今時あるの?

顔の産毛を針脱毛でする方法はいまでもあります。ただし、名前の通り、顔の産毛が生えている毛穴に針を刺して毛根を破壊しますので、痛いですし、痛々しいです。これを、ニードル法(針脱毛)(針脱毛)というそうです。

 

まず、ニードル法(針脱毛)(針脱毛)という脱毛法をご存知ですか?それを顔の産毛に施術するのが、顔産毛脱毛のニードル法(針脱毛)ですが、かなり痛いとのこと。ニードル法(針脱毛)ですから、針を刺します。顔脱毛なので顔に針を刺すというニードル法(針脱毛)です。早速詳細をご紹介しましょう。

 

ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれ、唯一 ”永久脱毛” と認められている脱毛方法。毛穴に電気針を刺し毛根に弱い電流を流して毛を抜くという流れです。1本抜くのは1秒もかからないほんの一瞬ですが、針を刺すので痛いのです。

 

種類は大きく分けて絶縁針脱毛と美容電気脱毛の2つあります。絶縁針脱毛は1983年に開発されたニードル脱毛の中では最新の方法。医師または看護師の免許が必要なため、医療機関でのみ扱うことができます。

 

先端以外は絶縁体に包まれているので電流が肌には触れずに毛根だけに熱を与えられるのがメリット。ただし、個人用の針や血液検査で10,000円ほどかかるので注意しましょう。絶縁針脱毛なら刺激・火傷が最小限に抑えられるそうですが、それにしても見るだけでも痛々しいです。

 

美容電気脱毛は細くて先端の丸い電極を毛穴に挿入して微弱の電流を流していきます。使用するプローブは使い捨てで衛生的。血液検査などの追加料金がかからないのがメリットです。ただ、電流による皮膚への刺激が避けられないので出力は弱めで施術するのが現状。そのため絶縁針よりも1本抜くのにかかる時間が若干長いことに注意しましょう。

 

美容電気脱毛にはさらに大きく分けて3種類あります。まずは、電気分解法(直流針脱毛)直流針脱毛は電気分解で毛根部分を溶かす方法です、効果が非常に高く昔のニードル脱毛はこのやり方が主流でした。ただ、施術時間が非常に長く痛みもかなり強いので現在はほとんど使われていません。火傷や色素沈着といったリスクが高いのもデメリットです。

 

次にフラッシュ法(高周波針脱毛)と言われている方法です。フラッシュ法は交流電流を流して熱で毛根部分を溶かす仕組み。効果は直流針脱毛よりも少し劣りますが、施術時間がはるかに短く痛みやリスクも抑えることができます。現在エステサロンで扱われているニードル脱毛のほとんどはフラッシュ法です。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

男性化しているのかも?顔の産毛が濃くなる原因
ノイズ(noise)と間違えられやすいノイス(NOISU)は楽天で購入できないのか?ノイズ(noise)の通販サイトを実際にいろいろ探してみましたが、やはり楽天では購入できないようです。
産毛の濃い女性に朗報です!
ノイズ(noise)と間違えられやすいノイス(NOISU)は楽天で購入できないのか?ノイズ(noise)の通販サイトを実際にいろいろ探してみましたが、やはり楽天では購入できないようです。
顔の産毛永久脱毛は大阪で?
ノイズ(noise)と間違えられやすいノイス(NOISU)は楽天で購入できないのか?ノイズ(noise)の通販サイトを実際にいろいろ探してみましたが、やはり楽天では購入できないようです。
顔の産毛を糸で?
ノイズ(noise)と間違えられやすいノイス(NOISU)は楽天で購入できないのか?ノイズ(noise)の通販サイトを実際にいろいろ探してみましたが、やはり楽天では購入できないようです。
顔の産毛脱毛に挑戦してみて
ノイズ(noise)と間違えられやすいノイス(NOISU)は楽天で購入できないのか?ノイズ(noise)の通販サイトを実際にいろいろ探してみましたが、やはり楽天では購入できないようです。
顔の産毛処理ならパナソニックのフェリエで
女性の顔の産毛の悩みについていろいろ記載しています。顔の産毛が気になる方はどうぞ。
顔の産毛処理パックでお肌つるつるに
女性の顔の産毛の悩みについていろいろ記載しています。顔の産毛が気になる方はどうぞ。
市販されている顔の産毛処理パック
女性の顔の産毛の悩みについていろいろ記載しています。顔の産毛が気になる方はどうぞ。